So-net無料ブログ作成

2009-06-26

@少なくとも、昭和戦前から30年代くらいまでは、みんなの中に「今あるものを大切に使おう」「使えるものはなるべく捨てずに使おう」という気持ちがあった。


@高度経済成長の進展と共に、大量生産・大量消費が当たり前となっていき、いわゆる「消費は美徳」が常識になった。

@それと共に、ゴミとして捨てられるものが増え、今日では、東京都の埋めたて式廃棄物処理場は、あと数年で満杯になるというところまできている。

@事ここにいたって、人々の中に、エコ意識の高まりと共に、「今あるものを大切に使おう」「使えるものは捨てずに使おう」という気持ちが蘇ってきたようだ。

@エコバッグで買い物をしたり、生ゴミを堆肥にする機械が登場したり、イグサやおからなどを次世代エネルギーにリサイクルする動きも既に始まっている。

@このままエコ意識が進み、のべつにものを捨てる風潮が慎まれていけばよいが、道を歩くと、まだまだ…飲み物の空き缶やペットボトルが路上に捨てられていたりする…。

@我等現代人が昔の美徳を完全に取り戻すには、まだまだ時間がかかりそうだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。